置き場所

※ 設置場所は、湿気の多い場所(クローゼットの中など)はできるだけ避けてください。
  そして壁面から5〜10p程度離して、必ず風通しの良い平行な場所に設置して下さい。
  設置場所に制約がある場合は、換気に十分ご配慮ください。
※ 直接エアコンの風があたるのを避けてください。
  直接、風があたる場合は、噴出し口の角度調整をして直に風が当たらないようにしてください。
※ 西日などの直射日光があたる場所は、窓にはレースのカーテンを掛け、桐たんす本体には油単
  (桐たんす用の専用カ バー)の使用をお奨め致します。


使用上の注意

※ 桐はとても柔らかい素材なので、硬い物をぶつけたりしないようにご注意ください。
  爪などによる引っ掻きキズにもお気をつけ下さい。
※ 桐たんす本体には触れず、(汚れた手や濡れた手は厳禁)金具部分を触れてのみご使用ください。
※ 取手金具が2箇所ある大引出しは、片引きすると金具が変形破損する恐れがありますので
  必ず両方を持って出し入れを行って下さい。
※ 桐箪笥の上に、重い物を置いたり乗ったりしないでください。箪笥が変形する恐れがあります。
※ 油単(桐たんす用の専用カバー)をお奨めします。
  日焼け、ホコリ、小キズなどから守る強い味方です。
※ クラフトテープなどのテープ類を、桐たんすに絶対に貼らないでください。


お手入れ方法

※ 通常は使わなくても、できるだけお部屋の換気を心掛けてください。総桐たんすの狂いや
  湿気によるカビの発生を防ぎます。
※ 水拭き・洗剤・化学雑巾の使用は厳禁です。
  通常はやわらかい乾いた布で、木目に沿って、右から左へ一定方向に軽く乾拭きしてください。
※ もし万一、キズやシミ等が付いた場合は、ご自分で直そうとせず必ず専門店にご相談ください。


油単のご使用に関して

油単は家紋を入れて嫁ぐという伝統的な習慣の他に、桐たんすを日焼け、日常の汚れ・
小キズ等から保護する特長がありますが、ご使用に関して以下の点にご注意下さい。

※ 素材は多様ですが、通気性の良いもの(一般的には綿・高級品は正絹など)をお奨め致します。
※ 基本的に油単は長期間お使い頂いて日焼け等で色が抜けたり傷んだ場合は、新しいものを
  取り替えて下さい。
※ 伝統的な染め方で作られた油単は、家庭で洗うと色落ちするものもありますのでご注意下さい。
  詳しくはお問合せ下さい。
※ 近年、気密性の高い住宅の普及により、結露によるカビの問題が発生しておりますが、
  この点を考慮しますと油単を掛けたままの状態で例えば一ヶ月に一度も桐たんすを
  使わなかった場合(お部屋の環境にも依りますが)には、湿気がこもり表面に餅カビのように
  カビが付着することが稀にありますので、天気の良い日には、換気のため前面の部分だけでも
  上げて常に換気には心掛けて下さい。
湿気の多い場所、締め切った部屋、長期間住んで
  いない家では、
油単がなくても同様のケースがあります。
  但し、中の衣類等に被害が及ぶ可能性は、一般の量産家具に比べて格段に少ないので、
  この点においても総桐たんすの優れた特長を垣間見ることができます。
  このような場合には、たんすの洗いをすれば綺麗になりますが、別途費用が必要です。
  車や着物と同様に、良い品の維持には普段の最低限の簡単な管理は必要とご理解下さい。


お問合せ

グーグルアナリティクス・ヒートマップ