知りたい項目にクリックしてください。

知りたい項目にクリックしてください。

  購入について
  お届け・設置について
  桐たんすの手入れ、扱い方について
  桐たんすの再生(リフォーム)について


ご購入について

桐たんすといっても、いろいろあって何を基準に選んだら良いか迷っているのです が?

桐たんすといっても、いろいろあって何を基準に選んだら良いか迷っているのですが?


今では、通信販売に掲載されている安価な品から、

近年では、通信販売に掲載されている安価な量産品から、伝統工芸士が手造りで造り上げるような本物の総桐たんすまで色々な製品が数多く出回っています。
最終的には、使う方が何を収納したいのか、どのようにお使いなりたいかによって購入する製品が決まってくると思います。

例えば、大切な着物がたくさんあって保管するのに本格的な総桐たんすがほしい。又は、
着物は少ないが大切にしたいのでしっかりした造りでリビングにも合うような総桐チェストがほしいとか。あとは、造りとご予算でご検討頂ければ良いと思います。
但し、一生ものとして考えてください。
                                    →総桐タンス  →総桐チェスト


最近、家具店に行っても桐たんすが置いてありません。

最近、家具店に行っても桐たんすが置いてありません。
どこで購入すれば、納得のいく品が購入できますか?


今おっしゃるとおり、最近では

おっしゃるとおり、最近では展示のある家具販売店は少なくなっています。
また、残念ながら品質・価格を含めて詳しく説明できる販売員も同様です。
結論的には、ご自分で納得のいく販売店・販売員を捜すことがおそらく一番確かでしょう。
参考までに、百貨店・家具店の和家具特選展示会とか製造直売店とかで、一般にいう
「この店(人)なら」という確信が持てれば検討に値すると思います。
                                    →総桐タンス  →総桐チェスト


外観や大きさは、余り変わらないのに価格が

外観や大きさは、余り変わらないのに価格がかなり違う桐たんすを見かけますが、
本当に安いほうの製品でも大丈夫なのでしょうか?


誰でも、良い品を安く買いたいという願望はあると思います。

誰でも、良い品を安く買いたいという願望はあると思います。
ただ、総桐たんすに関しては、完成品では見分けにくいのが現状です。
例えば、一般に桐たんすというと全て桐の一枚板を使って職人が手造りで製作していると思いがちですが、現在では一般家具と同じように本体の芯材にベニヤ(合板)を使い、表面に桐を貼った製品が総桐たんすとして販売されていることもあり、見た目だけでは購入されないほうが賢明だといえます。
このような製品は桐たんす本来の特長がなく衣類がカビたり、将来の再生(洗い・修理)ができないなどという相談を受けたりしていますので、購入時には十二分に確認をすることをお勧めします。

また、最近多いのが桐の無垢板は使用してあるのですが、機械加工で作られた量産品です。単純に無垢板を使用していれば総桐たんすには違いないという乱暴な論理で販売されており、長く使うと色々な節目で品質の違いが明らかになるのですが、残念ながら外観からでは素人では分かりにくいでしょう。
強いて言えば、量産の機械で作る煎餅と手焼煎餅との食べてみるとわかる味の違いとでも言えばお分かり頂けるでしょうか・・・

総じて、総桐たんすに関しては、まず品質ありきを基準に選ぶことが大切だと思います。
ひとつの目安として伝統証紙の貼付されている製品であること。そしてできるだけ高品質の物を選ぶこと(製品知識が豊富で相談にのってくれる販売員との出会いから)です。
残念ながら本当に良い品は、生産量が少ないため量販店には流通しにくいのが現状です。
                                    →総桐タンス  →総桐チェスト


お届け・設置について

御社は製造メーカーですが、

御社は製造メーカーですが、納品設置までお願いできますか?


近年、桐たんすを取扱っておられる

近年、桐たんすを取扱っておられる販売店が少なくなり、その扱い方(配送設置)等についてよく質問を頂きます。
当店では、原則的に自社販売の場合は、専用車にて最大の注意を払い、桐たんす専用の養生を施した配送方法にてお届けをし、設置後にも安心してお使い頂けますように、再度、
取扱いについてご説明させて頂いております。
ご遠方の場合でもご相談の上、責任を持って対応させて頂いておりますので、お気軽に
お問い合せ下さい。


総桐たんすの手入れ・扱い方について

 近年、気密性の高いマンションや新建材を使用した住まいの方が、結露などの湿気で大切な衣類をカビ等でダメにしてしまったので総桐たんすを購入した。又は購入を検討しているという話をお聞きするようになりました。


念願の伝統的な形の総桐たんすを予約しました。

念願の伝統的な形の総桐たんすを予約しました。
マンションなのですが、置く位置を決めかねています。
置き場所・手入れについてアドバイスをお願いしたいのですが?


一般的に言いますと、直射日光が当たる場所。

一般的に言いますと、直射日光が当たる場所。エアコンの噴出し口の真下。常に湿気が
多い部屋などは避けて頂いたほうが賢明ですが、お部屋の間取り上、難しい場合もあると
考えられますので、常に日光が当たる場合は、窓にレースのカーテン、または油単の使用。エアコンの場合は、噴出し口の角度調整をして直接風が当たらないようにする。湿気の多い部屋は、常に換気を心掛けるということで随分傷みが防げます。

また、特に湿気対策として新築の場合は壁面から10cmほど離して、そしてたんす本体の
狂いを防ぐために必ず平行に設置すること、引き違い戸がある場合はたんすの上に重いものを置かないことを強くお勧めします。
                                        →桐たんすのお手入れ


友人が油単を掛けたままで納戸に置いた桐たんすの表面にカビがついて

友人が油単を掛けたままで納戸に置いた桐たんすの表面にカビがついてしまったらしいのですが対処法はありますか?


主な原因は、納戸という一般的には常に人が出入りしない

主な原因は、納戸という一般的には常に人が出入りしない湿気の多い環境の部屋で油単を掛けたままの状態であったために湿気がこもり、たんす表面にカビという形で現れたと推察されます。(本物の総桐たんすであれば中の衣類はまず大丈夫のはずですが、一般の量産家具の場合は、中の衣類が被害にあっているケースが多い)

まず、第一に部屋の換気を心がけるようにしてください。次に、油単は一時的に外すか前面だけでもまくり上げて換気してください。表面についたカビの処理ですが、柾目に沿って一定方向に軽く拭くようにしてカビの胞子を取り払ってください。完全にはとれませんが、それ以上強くふかないでください。素人さんができるのはここまでです。カビの程度にも依りますが、目立つ場合は購入店にご相談ください。おそらく洗いをすることになります。目立たない場合は、経年変化の色変りで分からなくなる場合もありますが、最終的に洗いをするかしないかはご本人の主観になります。
                                        →桐たんすのお手入れ


いいものほど繊細だから扱いは慎重にと母から言われていますが、

「いいものほど繊細だから扱いは慎重にね」と母から言われていますが、
桐たんすの普段の扱いと 手入れについて教えてください。


一般的な桐たんすの場合、手油等を防ぐ為にできるだけ

一般的に総桐たんすの場合は、手の油分等を防ぐ為にできるだけ木地(たんす本体)には触れずに、引出しは両手で常に均等の力で金具(取手)で出し入れすることを心がけ優しく取り扱ってください。
表面のホコリ等を取る場合は、きれいな乾いた綿のタオル等で柾目に沿って一定方向に軽く拭き取ります。普段は、油単を掛けておくことをお勧めしますが、時々は必ず換気をすることを忘れないようにしてください。湿気の多いクローゼットや押入れの中に設置することは、お勧めできません。
                                        →桐たんすのお手入れ


桐たんすの再生(洗い・修理)について

祖母の形見のくすんだ色の古い桐たんすがあるのですが、

祖母の形見のくすんだ色の古い桐たんすを、きれいに修理できると聞いたのですが、
どこに依頼すれば、良いのでしょうか?


桐たんすの特長のひとつとして、

桐たんすの特長のひとつとして、再生は傷み具合にも依りますが可能です。
依頼先は、桐たんすを随時取り扱っている、できれば実績のある老舗の家具販売店、製造直売店など様々ですが、依頼先によって仕事の質が随分違うことが多いので、訪問して運良く完成品やしかかっている品を見せて貰えれば判断して依頼されれば如何でしょう。
ちなみに当社では、たんすの傷み具合はそれぞれ異なるので見せて頂き、ご提案・お見積もりした上で、ご了解のうえ承っております。仕上がりは、現役の伝統工芸士の資格を持った熟練した職人が行いますので、その仕上りを見て大変喜んで頂いております。
                                    →桐たんすの再生(洗い・修理)


再生(洗い・修理)の費用は、どのくらいかかりますか?

再生(洗い・修理)の費用は、どのくらいかかりますか?


当社では、桐たんすそのものの傷み具合や通常仕上げのもの、

当社では、桐たんすそのものの傷み具合や通常仕上げのもの、漆仕上げのもの等、大きさ・仕様により大きく異なりますが洗いだけでなく修理も含めて、通常仕上げのもので15万位からです。またご希望により唐紙や金具の新品への交換も承っております。過去には、本当に傷みの激しいものもあり、形見分けという事情で断りきれず新品が購入できるほど掛かったケースもありましたが、お客様には大変喜んで頂きました。後は、仕上がりで判断して頂くしかないと思います。他社でされて再度当社に依頼頂くケースも年に数件あります。
桐たんすの再生(洗い・修理)は、依頼先によって仕上がりが随分違うのも事実ですので、
事前に確認されることをお勧め致します。
                                    →桐たんすの再生(洗い・修理)


桐たんす以外の古い家具の再生もお願いできますか?

桐たんす以外の古い家具の再生もお願いできますか?


依頼品を見てみなければ判断できませんが、

依頼品を見てみなければ判断できませんが、今までに古い水屋(食器棚)や小たんすを再生したことはあります。最近では、現在ではなくなってしまった味わい深い手打ちの鉄金具の付いた漆塗りの小袖たんす(チェスト系)の修復依頼が増えて参りましたので、工房内にて室を設置し、外注に出さずに自社対応にて仕上げまで一貫して受け賜っております。
詳細については、個別にご相談させて頂くことになります。
                                    →桐たんすの再生(洗い・修理)


お問合せ

TOPへもどる ↑

グーグルアナリティクス・ヒートマップ