名古屋桐箪笥とは
  • 出雲屋の歩み
  • 伝統的工芸品 名古屋桐箪笥とは
  • 出雲屋を支える職人
  • お客様の声
  • お問い合わせ

ショールームのご案内

ショールームのご案内

「名古屋桐たんす工房 出雲屋」では、総桐たんすや総桐チェストなどをご覧頂ける工房型ショールームを併設しております。
お嫁入りやお家使いで総桐たんすの購入をご検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。ご希望により工房見学も承ります。
【要 事前予約】

ご来店 受付申込み

製品のご案内

  • 総桐たんす
  • 総桐チェスト
  • 本物の総桐たんすの見分け方
  • お手入れ方法
  • ご購入の流れ
  • 桐たんすQ&A

伝統的工芸品として認定された「名古屋桐箪笥とは?」

昭和56年 通産大臣指定 伝統的工芸品に指定される (官報に掲載)

  • 名古屋桐箪笥の起源

    名古屋桐箪笥の起源

    箪笥(たんす)とは、抽斗(ひきだし)のことです。
    17世紀中期ごろに発生し17世紀末ごろに一般に広がり始めました。箪笥以前の収納家具といえば、櫃(ひつ)、長持(ながもち)、つづら、行李(こうり)など、いわば箱でした。箱の場合、中にしまってある物を出し入れをするのに、いちいちフタを取ってひっくり返さなければなりません。それに比べると、抽斗は出し入れに機能的で、整理、分類に合理的であり場所もとりません。

  • 便利で、手間のかからない収納具

    では、なぜそんなに便利な抽斗が17世紀中ごろまでなかったのでしょうか?それまでの日本人が抽斗を知らなかったわけではありません。現に正倉院には、小形ではありますが、すでに奈良時代の抽斗が残っています。どうして一般に箪笥が造られなかったのでしょうか?それは、入れる物、余剰物がなかったからです。まさに着たきり雀だったのです。では貴族は?貴族階級は、古くからたくさんの物を持っていましたが、家も広くて倉もあり、置き場所はいくらでもありました。また、出し入れには召使いが大勢いたので、簡便な収納具などは必要ありませんでした。

    そもそも箪笥の語源は、中国の食料を入れる円形の竹籠に由来します。平安時代は、
    身のまわりの調度品を入れる前面に扉のある二階厨子(ずし)や書巻をおく書歌棚、
    鎌倉時代以降は台所用の黒棚、桃山時代には茶道の発達にともない茶道具を
    おく茶棚などを経て、江戸時代に衣装箪笥となりました。 17世紀になって
    綿織物、絹織物の生産が急増し、これに伴って高級呉服の大衆化が進んで
    いきました。

    民衆の衣服の増加に伴って、狭い場所で出し入れに便利で、手間のかからない
    収納具
    、まさに箪笥は、当時としては画期的なものであったでしょうし、
    それは、民衆の要求によって生まれたといえます。そして、わが国民衆の
    生活史において、その向上の過程において育っていった物といえます。

名古屋桐箪笥の歴史

  • 築城によって職人の技術が急速に向上!

    築城によって職人の技術が急速に向上!

    名古屋桐箪笥は約4百年前、尾張名古屋城の築城に従事した職人たちが城下町に定着し、中区袋町(現在の錦通付近)および大須裏門前町あたりで、「箪笥」「長持」などを製造していたのが始まりです。戦国期の終わろうとする16世紀中期を過ぎると、全国において城郭建築や城下町建設といった一大建築ブームが起きました。

    徳川幕府によって全国統一が行われ、民衆の生活も定着してきた慶長15年(1610年)木曽川の洪水にたびたび侵されたことのある清須に代わって、名古屋に築城し、新しい町づくりが始められました。慶長19年(1614年)に完成した名古屋城には、10万石の木材が使われたといわれています。それに伴って、大工、左官、鍛冶屋などの職人の技術も急速に向上したと考えられます。

  • 築城後、腕利きの職人たちが名古屋に移住 「清須越し」

    築城後、尾張藩の本拠をここに定め、それまでの城下町清須の町人たちは、神社、仏閣とも名古屋に移転させられました。名古屋の町奉行が、市内の旧家に対して由緒を報告させた「寛延旧家集」(寛延3年、1750年)によれば、総数115家のうち、慶長年間に61家が名古屋に移住しています。
    その中に、指物師大江市郎兵衛(慶長16年、1611年に移住)をはじめ、木挽商藤屋勘左衛門、木挽師斉藤善兵衛材木商高麗屋源蔵、塗師伝右衛門、鍛冶職信高三之丞、鋳物師水野太郎左衛門などが慶長年間に移住しています。この調査時期が、寛延3年といいますから、清須越えから140年後の調査であり、しかも、それぞれ由緒ある旧家というのであって前記の人たちの3~4代後ということになります。
    これらの職人は、大名のお抱え、または、藩用を勤めるなどの理由で、藩から何らかの援助を受け、主な商工業は製造販売の独占を許し、これに鑑札を交付し運上金を課し、また同業者間に組合仲間を組織して規律を立て取締監督の便を計ってきました。天保年間の「尾張分限帳」(1830年)によると、大江市郎兵衛は三人扶持を与えられており、「名府豫録」によると、享和元年(1801年)に指物師仲間の規約のなかの指物師職分目録に箪笥、長持をつくるとあります。この規約によると、「指物職ノ間ニ在リテハ、他領ノ者ハ弟子ヲ取リテ、ソノ業ヲ伝授スルヲ一切禁ジ、ソノ営業スルモノハ、金一分ヅツヲ組合ニ出サシム」と指物師大江市兵衛は述べています。

Page Top
  • 狂いの少ないアク抜乾燥の技法の確立

    天明4年(1784年)生まれの岩田銀右衛門(天保8年没、1837年)のもとへ小塚利兵衛長女いと
    (天明5年、1785年生まれ)が嫁いだときに持参した箪笥が、一宮市の岩田家に保存されています。
    この岩田家には、初代から7代目までの箪笥がそれぞれ保存され、名古屋桐箪笥の伝統を
    物語っています。

    岩田家に現存する初代の漆塗総桐箪笥は1800年ごろに造られたものであり、2百年
    後の現在も使用されているということは、十分にアク抜乾燥をした狂いの少ない
    桐板材を使用しており、また、現在も受け継がれている技術・技法のすばらしさを
    証明するものです。桐材が狂いが少ないといっても、非常にアクが強く、その乾燥
    方法がアク抜きと称して、天日、雨水に十分にさらして、アクを抜きながら乾燥した
    ものでなければ、後になって黒く変色します。
    したがって、前記の2百年前の箪笥が変色もなく、狂いも少ないということは、
    その時代にすでにアク抜乾燥の技法が確立されていたと推測されます。

  • 先人たちが育んできた、板はぎ技術、継ぎ手や組み手の技法

    桐材は、立ち枯れなどで、百年以上の年数を経た太い原木が少ないために、幅の広い板が少なく、したがって、幅の狭い板を横につないで、幅の広い板を作るための板はぎ技術も正確でなければなりません(十分に接着していないと、後で継ぎ目が割れてしまいます)。また、仕口と称して、板と板を直角に組む場合のいわゆる継ぎ手、組み手の技法は、のこぎり及びノミを使用します。

    ほぞを作った後、金づちまたは木づちでたたいて木殺しをし組み立てます。その後、水引き(刷毛で水を塗る)を行うことにより、木殺しをしてへこんだ部分が膨張して、組み手が取れにくくなるなど、名古屋城築城後、箪笥職人の祖先が尾張の人々の生活に密着し、半世紀にわたり、その技術・技法をはぐくんできたことを思う時、それら先人たちのひたむきな努力と深遠な思慮に感嘆してしまいます。

  • 豪華な装飾を施した名古屋桐箪笥

    豪華な装飾を施した名古屋桐箪笥

    さて、名古屋箪笥は、1800年ごろは引き出しに桐を使い、また、鈴木宇一郎氏所有の箪笥は、天保12年(1841年)萬屋卯兵衛(呉服商)の次男が鈴木家に養子に来た時の箪笥で総桐です。
    また、小牧歴史館の民族資料室にある舟橋家の箪笥(慶応3年、1867年ごろ)は漆塗桐箪笥です。林家現存の漆塗桐箪笥は、現当主林茂氏の曽祖母せきが、明治2年(1869年)林家に嫁いできた時に持参したのです。この様に寛政年間から明治初期(1789年~1880年)にかけて名古屋桐箪笥の代表的な型が特長づけられました。

    寸法は、高さ3尺4寸(103cm)、幅3尺8寸(115cm)、奥行1尺3寸5分(40cm)で他の地方より6寸~8寸(20cm前後)位幅が大きく、右下の部分に小引き出し(貴重品入れ)が付いていて、古い箪笥(明治以前)には、その前に扉を付けていました。金具は関東方面では着色が黒色または赤銅色で地味なものであるのに対し、名古屋地方では金または銀(真鍮地のメッキ)を施し、上置袋戸部分には金箔画または漆塗蒔絵を付けて、豪華な装飾を施したものが多いのが特長です。

Page Top

なぜ総桐たんすはいいの?

  • 数年間に及ぶ桐材の自然乾燥風景

    自然が生んだ優れた素材「桐」

    桐は家具に使われる木材のなかで最も軽く、最も狂いの少ない材質です。
    その木目の優雅な美しさに加えて、湿気を通しにくい、虫がつきにくい、熱を通しにくいなどの理由から、古くから衣服や貴重品の保存・保管に最適な材料として貴重性と共に重用されてきました。

桐の主な特徴

  • 材質が均一

    家具に使われる材料の中で、ゆがみや変形等の少ない材質であるため、狂いが少なく長期間に亘り形状を崩しません。
    本物の総桐たんすであれば、将来の洗い(修理・再生)にも対応できます。

  • 軽量である

    名古屋桐たんすの基本的な形である三つ重ねの型は、桐材特有の軽量さもあり現代生活においても配置換えや引越しの移動等に、また狭い間取りにおいても大変利便性に優れています。

  • 防虫性が高い

    桐材にはタンニンが含まれているため害虫を寄せ付けにくい特長があります。
    基本的に本物の総桐たんすであれば、防虫剤の類は必要ありませんが、どうしても不安な方は無臭性の物をお奨めします。
    強力な物は、箪笥や衣類にも臭いが付着し気分が悪くなる事がありますのでご注意下さい。

  • 気密性が高い

    本物の品質の高い総桐たんすは、常にたんす全体が呼吸しているので内部は一定の湿度に保たれています。湿った外気には膨張して外からの湿気を防ぎ反対に空気が乾燥すると湿気を発散し収縮します。湿度に敏感に反応するため気密性に優れ、たんす内部の湿度を一定に保つことにより、衣類を長期間に渡り保護します。

  • 防火性が高い

    火に強く、かつ水にも強い為、火災の場合でも安全といわれています。
    桐材自体は、比較的燃えやすいのですが、たんすのように箱の状態になると気密性が高まり、外側が燃えても中まで火が入らず収納物が助かったという話は、新聞等でも時々記事になることがあります。
    但し、質の高い総桐たんすに限られています。

  • 防湿性が高い

    収納物を湿気によるカビや虫喰いから保護する事において、桐は透湿性が高く、通気性も優れているため、日本特有の高温多湿の気候風土には最も適しています。
    一例として、雨が終日降ったりすると敏感に反応し、引き出しの開閉がよりきつくなり、湿気をそれ以上たんす内部に入れないようになります。そして 天気が回復すると湿気が蒸発することによって元のようにスムースに開閉できるようになります。
    これは、桐材の特性と優れた職人の腕(加工技術)によって成り立つものです。

※【注意】 以上の点は全て質の高い本物の総桐の製品に限られます。

Page Top

主な桐箪笥の種類 (明治~平成)

  • 便利で、手間のかからない収納具

    今でいう洋風家具の代名詞である婚礼セットが定着していない時代、桐たんすは日本の
    気候風土に最も合う家具として婚礼家具の主流となり数多く生産され普及していきました。
    当時、桐たんすは、外見は同じような形であっても仕様によって大きく4段階に分けられて
    おり職人にもそれぞれの型を作る専門職がおりました。
    それは当然、仕様によって品質・価格にも反映されています。

    おおまかに以下のように大別されますが、物の不足している時代には、桐たんすを
    持ってお嫁にいけるだけでも幸せという認識も当時はあったようです。

  • 前桐たんす

    たんすの前板の部分(正面)だけに、桐材が使用してあり他の部分は杉や樅などの材料を使用している普及品と言えるでしょう。生活の知恵でとも言いますか、少しでも湿気を防ぐ為に、引出しに新聞紙を敷いてお使いになられていた方が多いようです。 また、色々な想いがある「洗い・再生」のご用命を承ることの多いたんすです。

  • 三方桐たんす

    たんすの前板と両側面に桐材が使用され、他は杉や樅などの材料を使用。このランクの製品が、再生依頼の数から推察しても一番多く流通していたと思われます。今でいえば、おそらく一般的なご家庭の両親が大切な娘のために親の想いを込めて、嫁ぎ先においても娘を大切にしてもらうように持たせた品とも推察されます。

  • 四方桐たんす

    三方桐たんすの裏板も桐材を用いた製品。他は杉や樅などの材料を使用。
    このランクの製品は、余りお目にかかることは少ないです。
    職人の腕も違うためか全体的な造りも比較的しっかりしており、長年使い込んでいても桐たんすらしい質感が残されています。勿論、使い方にもよりますが・・・。
    当時としては、地主とか勤め人とか商家の出の富裕層に多くみられるようです。

  • 総桐たんす

    桐たんすの最高峰。読んで字の如く総てが桐材を使って製作した逸品。湿気等にも敏感に反応し、大切な衣類をカビや虫食いから保護しうる最も質の高い桐たんすです。
    当時でも総桐を作る職人は数が少なかったといわれています。資産家の令嬢の婚礼道具としての用途と推察され、今でもたんす自体の狂いも少なく立派に使われています。 元々、数も多くはなく、洗い・再生に出会うことは、稀なレベルの品です。大切にお使い頂ければ、桐たんすの特長を最大限に活かした良い状態で長く使えるということの証ですね。

現在では、前桐から四方桐たんすは製作されておらず、本物である手造りの総桐たんすのみが製作されておりますが、それとは別に類似品として、素人では外観は本物と見分けのつき難い量産型の機械加工の桐たんすと、通販製品のような廉価品が数多く流通していますので本物の総桐たんすの購入をご検討の方は十二分にお気を付け下さい。

本物の総桐たんすの見分け方

本物の証しである伝統的工芸品の総桐たんすを造る

  • 総桐たんすの再生・ご相談フォーム
  • お問い合わせフォーム